clear
clear

就活ノウハウ集
面接対策

何について対策するのか

面接対策とは具体的に何について対策をするのでしょうか。大きく3つに分類できます。

  • 面接官からの質問についての対策
  • 話し方や緊張についての対策
  • マナーについての対策

面接官からの質問についての対策

エントリーシートが面接対策になる

面接ではエントリーシートの設問よりも質問の幅が広くなります。志望動機や自己PRなどエントリーシートと同じような質問もありますし、エントリーシートにはないけれども頻出の質問もありますし、全く予期できない変化球の質問もあります。

とはいえ、エントリーシートの書き方で説明した内容が、面接対策でも驚くほど当てはまるのです。

面接官からの質問に対して自信を持ってはっきりと回答できるということがなぜできるかと言うと、自分の考えが整理されており、そのことに対して明確な意見を持っているからなのです。これは内気だとか話すのが苦手だとかとは関係のない部分です。

従って、自己分析や業界研究・企業研究をきちんと行い、自分の考えや意見を整理した上でエントリーシートを作成しているのであれば、それはそのまま面接対策にもなっているということです。

面接ですから、エントリーシートの内容を元にさらに深堀した質問をされるかもしれません。エントリーシートには書ききれなかった細かい部分の話であるとか、別のエピソードなどは用意しておいた方がよいかもしれません。

エントリーシートには無い質問の場合でも、「あなたの長所(短所)は何ですか」のような頻出する質問に対しては考え方は同じであり、事前に想定質問に対して考えを整理しておくことができます。想定質問集も入手可能です。

しかし、全ての質問が予期できるわけではありません。面接とはそのようなものではないのです。想定外の質問に対しては、嘘をつかずに誠実に、自分で考えて自分の言葉で回答し、ありのままの自分を見てもらうのだという覚悟も必要です。そして、マニュアルに頼り切りではない、そのような覚悟や姿勢が迫力を生むのです。

エントリーシートと同様に、マニュアル的な回答を嫌う採用担当者はたくさんいます。事前の準備をしたら、あとは正面からぶつかっていく姿勢も重要です。

面接官や他人への配慮・空気を読む

これもまたエントリーシートに通じる話ですが、面接は会話のキャッチボールですので、空気を読まずに延々と一方的に話すなどはNGです。相手への配慮が必要なのです。何をどのくらい話したらよいのか、空気を読むことが必要です。

一般的には、結論を先に言い、その後で理由や背景のエピソード等を話します。抽象論はNGなので具体的に話すなどもエントリーシートと同様です。1つのテーマについての最初の回答では短めに話します。同じテーマについて面接官が深く突っ込んだ質問をしてきた場合は、もう少し詳しく聞きたいということですから、少し長めに話をしてもよいでしょう。しかし、これは一般論であって、その場の盛り上がりであるとか雰囲気によって空気を読むことが求められます。

グループ・ディスカッションの場合は、同じグループの学生に対する配慮も求められます。とにかく他人への配慮がなく自己中心的なのは嫌われます。

話し方や緊張についての対策

緊張で全く話せなくなってしまうような場合には事前の対策が必要です。模擬面接を受けたり、練習を兼ねて多くの企業にエントリーして面接の経験を重ねることが有効です。自信を持って大きな声ではっきりと、そして少しゆっくり話す練習も必要でしょう。

しかし、学生が採用面接で緊張するのは当然のことでもあります。特殊な職種の志願者を除けば、「新卒の採用面接で全く緊張しない学生」というのは逆にどこかおかしいのです。多少緊張しているのが正常な状態であると覚えておいてください。そして、そう思えば余裕が出てきます。

それから、自信は緊張を和らげます。自信は何から生まれるかというと、万全の準備から生まれます。エントリーシートをきっちり仕上げていることであったり、その前段階の自己分析や業界研究・企業研究で自分の考えや意見を整理できていることが拠りどころとなるのです。そして、自分の考えや意見を面接官に対して伝えようと一生懸命に話しているうちに、自然と緊張は和らいでくるものなのです。逆に、準備不足だと不安が大きくなって緊張します。自己分析から面接まで、全てのフェーズが連動していますから、準備を怠らないことです。

マナーについての対策

最後にマナーの対策ですが、これは面接対策の中で一番簡単です。一通りの知識を身に付け、実際にやってみるだけです。

  • 面接は第一印象が重要ですから、事前に髪をカットしたり身だしなみを整えたうえで面接に臨んでください。スーツ、靴、鞄なども見られていますので、注意してください。
  • 面接会場には10分前までには到着するようにしてください。
  • 入室の際は、2回または3回ドアをノックし、面接官から「どうぞ、お入りください」と言われてからドアを開けます。「失礼いたします」と言って入室し、ドアの方を振り返り、しかし面接官に完全にお尻を向けることは避けて、静かにドアを閉めます。
  • 用意されている席の横に進みます。大学名、学部名、氏名を名乗り、「よろしくお願いいたします」と挨拶します。
  • 面接官から「どうぞ、お掛けください」と言われてから着席します。背筋を伸ばして腰掛けるようにしてください。
  • 終了の際は、面接官から「本日は以上です、ありがとうございました」などと告げられますので、こちらも「ありがとうございました」とお礼を述べます。ドアの前まで進んだら、「失礼いたします」と言って一礼してから退出します。
clear