clear
clear

就活ノウハウ集
エントリーシートの書き方

エントリーシートとは

志望動機や自己PR、学生時代の経験等、企業が独自のフォーマットで設問を設定した応募用紙がエントリーシートです。その企業が採用選考を行う上で学生に対して問いかけたい設問が並んでいますので、基本的には企業ごとに異なる設問が設定されています。

エントリーシートは採用選考の重要書類となります。面接時の資料という意味合いもありますし、エントリーシートの内容で足切りを実施するという場合もあります。

エントリーシートに対する考え方

考えを整理して時間をかけて準備をする

採用選考の重要書類なのですから、準備不足でいい加減なエントリーシートを提出してもダメです。決まった文字数を埋めただけのエントリーシートなど論外です。時間をかけてきちんと準備をすることが重要です。

企業ごとに個々の設問は異なるものの、志望動機、自己PR、学生時代の経験など、一般的に考えられる共通の設問も想定できるわけですから、自分の考えを整理して明確にしておき、エントリーシートの汎用的な設問に対する自分なりの答えを記述した「エントリーシートの雛型」のようなものを作成しておくとよいでしょう。

そして、エントリーシートの準備の大前提となるのが、自己分析と業界研究・企業研究になります。この作業をやっていないと、自分の考えが明確に整理されていない状態ですから、曖昧な記述、具体性に欠ける記述になってしまいます。そして、これらは企業の採用担当者に最も嫌われるエントリーシートです。

読み手視点・企業視点

実際に企業に提出されるエントリーシートの多くは、読み手に対する配慮がなされていないそうです。読みにくい、わかりにくい、自己中心的で一方的な主張や論理展開。もっとひどい場合は、誤字・脱字、日本語としておかしいなど。

まず、内容以前に企業の採用担当者に対する配慮があってしかるべきです。わかりやすく、明快な論理展開の文章を書いてください。準備の段階では何度でも文章を推敲できますし、他人に読んでもらうこともできます。キャリタス就活エージェントの企業紹介サービスを利用すれば、就活コンサルタントに見てもらうこともできます。

そして、内容についても読み手視点・企業視点を持ってください。志望動機にしても自己PRにしても、採用担当者から「それがうちの会社と何か関係があるの?」と思われないようにしなければなりません。あなたの興味や能力、経験などが、その企業でどのように役立てられるのかが語られていなければなりません。あなたを是非面接に呼びたいと思わせなければなりません。

あなたが採用担当者だったとしたら、どのような視点でエントリーシートを読み、どのように判断するのでしょうか。それを考えたうえで文章を書き、自己チェックを行ってみてください。

テクニックやコツなどは

エントリーシートを書く上でのテクニックやコツのようなものは存在はします。しかし、エントリーシートに正解などはないのです。マニュアル的な文章が良いかどうかはわかりません。サンプルを真似して書いたような文章だな、と思われるかもしれません。

ですから、最低限抑えておくべきことだけを知っていればよいのです。

結論から書く
志望動機の背景となるエピソードをだらだら10行ほど書いてから、やっと最終的に言いたい結論の部分が2行あるという文章は基本的にNGということです。先に結論を書いておき、「なぜならば・・・」「その理由は・・・」などとします。採用担当者は膨大な数のエントリーシートを読む場合があり、全ての文章に目を通すとは限りません。最後にならないと言いたいことがわからない文章は読んでいてイライラします。
何についても具体的に書く
サークル活動でもアルバイトでも趣味でも特技でも、とにかく具体的に書きます。抽象的な表現、抽象論はNGです。そして、その活動から具体的に何が得られたのか、どのような貴重な経験ができたのかを書いてください。
応募先企業とあなたの接点を書く
単なる自己アピールよりは、あなたの興味・能力・経験が、志望する業界や職種でどのように活かされるのか、応募先企業でどのように活かされるのかがわかる文章の方がよいのです。「あなた」のことだけ書いても、「応募先企業」のことだけ書いてもダメなのです。「あなた」が「応募先企業」に入社したとしたら、どのような貢献ができるのかが全体として伝わることが重要です。

テクニック的なことはこのくらいでよいでしょう。例文集を読んでみることは参考になりますが、決してコピーなどしないでください。マニュアルが嫌いな採用担当者もたくさんいます。

エントリーシートは、あなたという人間を真正面からぶつけていくものです。形式に則ったマニュアル通りのお行儀のよい文章を書くことよりも、行間からあなたという人間の人物像、熱意、気迫が伝わることの方が重要だと思います。

clear